ドルチェグスト専用カプセルの一杯あたりのコスト

ドルチェグスト専用カプセルの一杯あたりの価格を調べてみました。ランニングコストの参考にどうぞ。

価格改定で値上がり

最近のカプセルの価格改定(18年4月)により値上がりしてしまいました。値上がりしたのは主にコーヒー系カプセルです。

価格帯が一部のカプセルを除き、1箱980円(税込み)になっています。記事を書く側としては紹介しやすくなりましたが値上がりは残念。

1杯あたりのコスト

以下は希望小売価格をもとにしています。実勢価格的には、もう少しやすくなります。

リッチアロマ

リッチアロマは1箱60杯入りの超大容量パックです。

カプセル名杯数価格(税込)1杯あたりのコスト
カフェオレ リッチアロマ
アメリカーノ リッチアロマ
60杯3272円54円

マグナムパック

マグナムパックは1箱30杯入りの大容量カプセルです。通常のカプセルより1杯あたりのコストが少し安いです。

カプセル名杯数価格(税込)1杯あたりのコスト
リッチブレンド
カフェオレ
30杯1780円59円

コーヒー系カプセル

ミルクカプセルを使わないコーヒー系カプセルです。お茶もあり。

カプセル名杯数価格(税込)1杯あたりのコスト
リッチブレンド
モカブレンド
オリジナルブレンド
カフェオレ
カフェオレ インテンソ
カフェオレ カフェインレス
レギュラーブレンド
レギュラーブレンド カフェインレス
アイスコーヒーブレンド
アイスカフェオレ
コールドブリュー
ローストブレンド
フラットホワイト
エスプレッソ インテンソ
宇治抹茶
ミルクティー
16杯980円61円
メキシコ
コロンビア
12杯980円81円

ラテ系カプセル

コーヒーカプセル(またはお茶カプセル)とミルクカプセルの両方を使うカプセルです。

カプセル名杯数価格(税込)1杯あたりのコスト
ラテマキアート
カプチーノ
アイスカプチーノ
ティーラテ
チョコチーノ
宇治抹茶ラテ
8杯980円123円

そのほか

上記の価格帯に当てはまらないカプセルです。

カプセル名杯数価格(税込)1杯あたりのコスト
濃い抹茶12杯1274円106円

カプセルを安くする方法

カプセルのランニングコストを抑えるには「カプセル定期便」がオススメです。カプセル全種類が5~15%OFFで購入できます。詳細はネスレオンラインショップで確認できます。

ドルチェグストのカプセルはスーパーなどでも取り扱いがありますが、そこで買うとたいてい通常価格で売っているはずですので、カプセル定期便の割引価格はお得です。

まとめ

カプセルの値上げは残念ですがドルチェグストは抽出やお手入れがこれ以上ないぐらい簡単なので使ってしまいます。

粉から淹れるコーヒーメーカーやエスプレッソマシンはやはり結構大変です。カフェポッドを使うタイプならそれほどでもないですけど。

しかし、これ以上高くなるようならコストがネスプレッソカプセルに近くなってしまいます。ネスプレッソは1杯あたり80円前後、エスプレッソは75円程度なのですでに大きく差はない感じに。

ネスプレッソはコーヒーしか飲めませんが、おいしさはドルチェグストより上。もう少しカプセルにコストをかけてもいいならネスプレッソも要検討といったところです。